• ホーム
  • まつ毛育毛剤の中でも、ルミガンは効果の高いお薬として有名です

まつ毛育毛剤の中でも、ルミガンは効果の高いお薬として有名です

2020年04月09日
きれいなまつげ

まつ毛育毛剤は色々なメーカーから発売されていますが、その中でもルミガンは効果が高い薬として知られています。ルミガンはもともと緑内障の人の治療薬として、国内でも認可されている薬で、大きな効果があります。海外でも認可されている薬なので、さらに効果があると言われる根拠になっています。そのほかにジェネリック医薬品もありますが、ルミガンの有効成分であるビマトプロストが配合されています。知名度で言えばルミガンが高いですが、実際に使っている人はジェネリック医薬品にも興味を示しています。

ビマトプロストは、毛包に働きかけてまつ毛の成長を促す作用がある成分ですが、さらに毛周期の成長期を伸ばしていきます。したがって今まで成長期が短かったため、毛が伸びきらなかった状態でも、すくすくと毛を育てることができます。太く長く色濃くなった毛が成長するので、目元に奥行きが出てマスカラをつけなくても良い状態にまで近づきます。一般の薬局やドラッグストアで取り扱いがあるまつ毛美容液とは違っており、医薬品ということからその効果は立証されています。効き目が出すぎてほかの部分に産毛が生えることもあるので、つけ方には注意が必要です。

ビマトプロストが配合されているルミガンのジェネリック医薬品も、同様の効果を発揮してまつ毛を成長させます。しかし、ルミガンは国内では医者から処方されるまつ毛育毛剤はとして認知度が高いので、使ってみたいという人も多いです。敏感な目元につけるので、有名なものを安心して使いたいという人も多く、高くてもルミガンを選択する人もいます。効果が高いので、つける時は専用アプリケーターを使用してまつ毛の根元だけにつけ、まぶたなど周辺に付着しないように気をつけます。もし付いてしまった場合は、そこに色素沈着を起こす可能性があるので、すぐに拭き取ることが大切です。

それぞれの薬には専用のブラシがついているものもありますが、ついていなければ代用品も使うことができます。リップブラシやスクリューブラシなどが代用品ですが、やはり細かい部分に丁寧につけなければならないので、専用アプリケーターが使いやすいです。ルミガンの効果が国でも認められており、まつ毛貧毛症などと医者から診断された場合は、これが処方されているため認知度が高くなっています。効果が出ない時はまつ毛が生えてくる毛包がない可能性があるので、まつ毛移植という治療方法を行うことになります。

関連記事
つけまつ毛とマツエクの違いを知れば、更に美しくなれるはずです

つけまつ毛とマツエクはまつ毛に対するものという共通点がありますが、実際はそれぞれに大きな違いがあります。つけまつ毛がマツエクよりも先に流行していますが、現在は人の好みで使い分けられているのが現状です。最も大きな違いは見た目に出てきています。つけまつ毛は根元に1本のワイヤがあるため、アイラインのような...

2020年05月28日
睡眠不足はまつ毛に負担をかけて、視力低下の原因になります

必要とされる睡眠時間は人によって違いますが、平均すると6?7時間くらい寝るのが適当とされています。それは美容や健康にとって良いとされており、ただ寝るだけではなく、深く眠ることが大切です。人の睡眠は深い状態と浅い状態を繰り返しており、浅い睡眠が多くなれば体の疲れが回復しないので、血行不良になります。こ...

2020年06月27日
まつ毛にパーマをかけることで、これまで以上に目の美しさが際立ちます

まつ毛パーマは毛にカールをつける施術ですが、目を大きく見せて魅力的にする目元のおしゃれとして人気を集めています。目元にアクセントをつける方法の一つとして、まつ毛パーマは利用されていますが、最近はさらに細分化され始めています。まつ毛を傷つけないように貼り付けるような状態で、1本1本の毛にロットを当てな...

2020年06月12日
まつげ育毛剤の使い方を誤ってしまうと、失明のリスクが上がります

まつげ育毛剤は医薬品なので、間違った使い方をすると目に大きな影響を与えることもあります。その中で失明をすることがあるともされており、医薬品なので医師の指示に従い適切に使うことが大切です。まつげ育毛剤の有効成分はビマトプロストと言い、緑内障の治療薬として用いられていた薬です。緑内障の患者が治療を行って...

2020年05月08日
まつ毛育毛剤には副作用のリスクがあり、細心の注意が必要です

まつ毛育毛剤を使用している時やその後に、目の痛みや痒みや充血などの症状を訴えるケースがあります。これはまつ毛の生え際に塗った時に、少量の薬剤が目の中に入っている可能性があり、それによって起こる現象です。まつ毛育毛剤の薬液が、まぶたやその他の皮膚へつくと、色素沈着を引き起こしたり産毛が生えてきたりする...

2020年04月23日